HOME > 会則と会員

機那サフラン酒本舗保存を願う市民の会会則

     第一条(名称・所在地)
      本会は、「機那サフラン酒本舗保存を願う市民の会」と称し、主たる事務所を
      新潟県 長岡市摂田屋4丁目6番33号に置く。
     
    第二条(目的)
      本会は、機那サフラン酒本舗が市民の共通の文化遺産(宝)であるとの認識にたち、 
	  魅力を高める活動や維持・管理のサポートを通じて地域文化発展に貢献することを
	  目的とする。 
      また、独自の世界観をもって創作を行なった創業者吉澤仁太郎の意思を尊重
      すべく、訪れる人に感動と楽しみを与える施設の実現を目指す。
	  
	第三条(活動) 
      本会は、前条の目的を達成するため次の活動を行なう。
      1 本舗維持管理をサポートする事業。
      2 調査研究事業。
      3 交流・イベント事業。
      4 情報発信や対話活動。
	  5 活動を実施するための資金集金作業。 
      6 その他、前条の目的達成に必要な活動。 
	  
    第四条(会員) 
      本会は、第二条の目的に賛同した個人・団体をもって会員とする。
     
    第五条(役員と職務) 
      1 本会に次の役員をおく。
        会長        1名
        副会長      1名
	    専門部会部会長 若干名
	    常任委員   3名以上〜8名以内 
        事務局長(兼会計責任者)  1名
        監事       1名
      2 会長は会の総意をまとめ、会を代表します。
        副会長は、会長を補佐し、会長に事故あるときは、その職務を代行する。
        事務局長は、総会の決定にそって、政策・活動方針の立案、執行にあたる。 
        会計責任者は会の会計業務にあたる。 
        監事は会の会計業務を監査する。
	       
	第六条(専門部会) 
      1  本会には常設の専門部会として作業・イベント部会を設け会長が認めた部会長を置く。 
      2 他に必要に応じ$専門部会を設け、会長が認めた部会長を置くことができる。
	     他の専門部会例 ・調査研究部会 
	                ・広報部会 
	 
    第七条(役員の選出及び任期) 
      1 本会は年一回総会を開催し、役員を選出する。 
      2 役員の任期は一年とし、再選はさまたげません。 
	  
    第八条(会議と運営) 
      1 会長は毎年一回の通常総会その他必要に応じ臨時総会を招集する。 
        会長は必要に応じ役員会を招集する。 
      2 総会は事業計画、収支予算を決定する。 
      3 本会の運営は個人・参加団体が対等平等に責任を負い、民主的に行なう。
     
    第九条(経費) 
      本会の経費は寄付金、補助金及びその他の収入をもって充てる。
     
    第十条(会計年度及び会計監査) 
      1 本会の会計年度は、毎年4月1日より3月31日までとする。 
      2 会計貢任者は、本会の経理につき年一回監事による監査をうけ、その監査報告を付して
	    総会に報告する。
     
    第十一条(規約の改廃) 
      本規約の改廃は、総会において決定する。
     
     第十二条(補則) 
      本会に定めなき事項については、役員会で決定する。
     
     附則 
      本規約は、2013年7月1日より実施する。
	  2016年5月20日改訂
	  2019年5月22日改訂
   

機那サフラン酒本舗保存を願う市民の会 第7期 役員

会長 豊口 協
副会長 二澤 和夫
事務局長 平沢 政明
常任委員 水流 潤太郎 平山 育男 吉澤 義孝
藤井 芳 今泉 道雄  坂牧 庄作
渡辺 千雅 宮内 健二
監事 笠原 均
専門部会 部会長 作業イペント部会 渡辺 誠介
調査研究部会 湯本 泰隆
広報部会 春日 正利

 

▲ページトップに戻る