ここでは、「ガイドからのメッセージ《 の作成にあたり、考慮したいことを資料保管して
います。 私の、ガイドとしてのこころづもりでも、あります。

魅力あるストーリーつくり、そして、
ガイドの、あるべき姿勢について記録資料を作成しました。

魅力あるストーリーつくりは、
長岡市観光戦略プラン(2018 平成30)、そして、
鈴木忠義氏の「観光地づくりの本質を探る ~観光まちづくりの心とは《,観光文化 215号(2012)
https://www.jtb.or.jp/wp-content/content/img/publish/bunka/
bunka215_P2-7.pdf
を読んで、気づいたことです。

鈴木忠義氏は、観光開発・景観工学・地域開発の研究者でありますが、観光振興の
実務にも深く携わってもおられたようで、「観光文化《に掲載の講演録は、全文、本当に
示唆に富む内容です。
「ガイドの、あるべき姿勢《 については、ZOOM研修、「ゲストを感動させるコミュニケーション
実践講座《 新潟県観光人材育成研修 ~2022年3月1日、株式会社ノットワールド の
平沢真実子さんの講演を聞いて、気づかされたことです。

いずれも、私が長岡観光ボランテイアガイド、機那サフラン酒本舗の公開スタッフ観光ガイドを
行なう中で、普段悩んでいた隔靴掻痒の気持ちを代弁し、また多くのヒントをいただくものでした。
時折、講演記録や自作のメモを、長岡市観光戦略プランとともに、読み返しています。